2020年版!売上が上がる!利益のでる!ライバルの仕入れ商品のデータを販売!アマトピア あまログ アマテラスツールで調べず購入へ

アマゾン売れ筋データ紹介の目的

 
  2020/10/25

アマゾン売れ筋データ紹介の目的

広告

理念

属性分けるため、こちらのサイトは、アフィリエイターやインフルエンサー、ユーチューバーやテレビ局等の方向けにも書いております

セラーの方やネットショップされている方はノートの方を確認してみてください

また、個別の商品についてはサイトマップか、新規一覧から御覧ください

Amazon

当サイトの目的(データ分析型〇〇)

企業・アフィリエイター・Amaureセラー・楽天ショップ運営者、また、新しいもの好きなインフルエンサー・YouTuber・メディア必見!
Amazon売れ筋データ&その手法を解説

ギブ・アンド・テイク
また、プログラマーの方、企画があるので、あなたのスキルとコラボしませんか?
企業・アフィリエイター・Amaureセラー・楽天ショップ運営者・インフルエンサー・YouTuber・メディアの方々、プログラマーと組んだ企画ができたら、コラボしませんか?(企画ができたらメルマガで発信いたします)
当面は、Amazonデータの発信のみを行います。活用してください

こういう人に使ってもらいたい データ分析型〇〇

データ分析型セラー、データ分析型アフィリエイター、データ分析型まとめブログ、データ分析型企業の商品調査、データ分析型テレビ局プロデューサー、データ分析型YouTuber、データ分析型インフルエンサー

  • セラー・個人販売者・メーカー・販売商品も持っている企業:他社との差別化したい/OEMを作りたい
  • アフィリエイター:差別化したい人
  • まとめブログ:広告主を見つけたい人
  • 企業の方:ECショップを始めたいが(Amazonや楽天を活用したい)どのくらい売れているのかが知りたい企業
  • テレビ局・メディア:ネットで売れている商品を知り、製作に活かしたい
  • ユーチューバー:まだ知らない話のネタを探したい・届けたい人
  • インフルエンサー:自分の得意分野で良いものやコアな商品を探したい人

これらの人に、データを提供することで、ネット販売の促進になります(ちなみにAmazonからお金はもらっておりません。無報酬(笑)
では、なぜそれをするのかは?アマ売れ理念 を後で見てください

一言でいうと、多くの方が私のデータを利用して、それで、話題になっていく。そうすることで、関わる人全員がチームになってWIN&WINに!なれるような仕組みを作りたいからです

Amazonへ

売れている商品というのは、多くの人が求めている商品で、多くの人が見ているということでもあります

「な~~んだ、そんな事は知っているよ」
「amazonランキング見れば1位から100位まで載ってるじゃん」
って、思うでしょう。たしかにそうですが、数値化されていません

また、無料で見ることもできますがアバウトです

Amazonデータ

下記のように見ることができます(無料版は数値がボケていますが棒グラフで売上や折れ線グラフで個数がある程度わかります)
月に15000個、1億6000万売れています。ちなみに、これは先行機種があって、4代目です。なので、コアなファンがいることがわかり、更に属性は、健康志向の人間で、時間とお金に余裕のある人だとも推測できます。これらの属性の人は、ウェアやシューズなどにもお金をかけるでしょう。そうなれば、どうなりますか?新たなお客様の囲い込みもできるのです

Band 4 proピンクゴールド【日本正規代理店品】 内臓GPS搭載リアルタイムトレーニング27時間心拍測定

このように知ることによって、みなさんがやっているサービスにあわせて使えば、見てくれた人が真実味を感じるのです。みなさんが有効に使うことによって、私のサイトも、データ分析型の情報提供者として、多くの人に知ってもらうことができます。データなんか何になる?というような発想の方は無理かもしれません

データ分析型〇〇 利用例

セラー・ECショップ運営者:他社のセラーがやっている販売方法が知れる。どれだけ売れているかのデータを知ることができる。また、他のECショップの販促方法などが知ることができる。今、爆発的に売れている商品でなく、ずっと定期的に売れている商品を知ることで、生産計画が建てられます

アフィリエイター:売れ筋商品がどれだけ売れて売るのかを知ることによって、アマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトに活用できる。今売れている旬の商品であれば、それに沿ったブログやSNSを展開することで自分のサイトの質を向上させ、Googleの理念である質良いサイトになり、自分のサイトを上位表示させることも可能になります
今のトレンドブログはASP(A8など)の商品やAmazonアフィリエイトや楽天のアフィリエイト+アドセンスの利用が良いと思われます
これは、アドセンス=Googleの理念と同じだからです

よく整理された情報豊富なコンテンツを目指して努力するオリジナルコンテンツの提供は、高品質のWebサイトを作成するための1つのコンポーネントにすぎません。また、コンテンツは有益で、ユーザーが簡単にナビゲートできる方法で整理されている必要があります。ここに、覚えておきたいことの短いリストがありますが、それだけではありません。

  • 知識が豊富で熱心なトピックに焦点を当てます。

出典 Inside AdSenseより

これは、まとめブログ運営者も、インフルエンサーも、YouTuberも基本は同じ

また、企業もテレビ局・メディアも、売れているということは、多くの人が興味を持ち、買っている商品ということになります。まだ、スポットのあたってない商品を、うちのサイトでは見つけることができます

まとめブログ運営者:自分のサイトの属性にあった商品があれば、広告主にアプローチを掛けることができます。まだ話題になる前にこれを仕込んでいれば、SEO効果も高くなり、PVが増えるでしょう。また、広告主に先に提案することができれば、他のサイトと違うセンスを持っていると認識されることになるのではないでしょうか?

企業の方:理念にも買いましたが、Amazonは、中小企業を対象に、Amazonでの販売を提案しています。皮肉にもコロナ禍の影響で、ECショップやSNSの効果、また、キャッシュレスが身近であることが実証されました。ですが、未だ、ネットショップを始めたい(Amazonや楽天を活用したい)が、費用対効果の面から手が出せない企業も居ます。また、どのくらい売れているのかが知りたい企業もいます

テレビ局・メディアの方:製作に活かしたい場合、食べ物であれば、爆食とか、売れ筋ランキングとかになります。でも、商品を知りたい場合、口コミや話題から、ネット検索をしますが、わかりにくいです。それは数値が示されていないからです。急に売れたのはなぜ憂いて売るのか?当方は、それを調べながら記事を書いています。もちろん詳細に調べることは、そのメーカーや販促手法ツールが必要ですが、ある程度までは、わかります

ユーチューバー:YouTuberの方から言われるのですが、私がやっていることでメリットが有るかどうかと判断をするときに、使ってみた系に分類して、否定をします。でも、全く違っています。売れている商品の、使ってみた系動画を作っても意味がありません。知りたいという欲求は、ベネフィットに訴求させるしかありません。「〇〇万円!ロト7を買ってみた」よりも「〇〇万円!ロト7を予想せよ!1等があたったらその金額を予想した人にプレゼント!」というふうにすれば、バズりますよね。また、同じネタでも、「当たったら、ふるさと納税商品爆買します」〇〇さんにお会いします。等をやれば、地方のためにもなり、また、メディア受けもすると思いませんか?(法的な問題がありますのでしないでくださいね)まだ知らない話のネタを探したい・届けたい人いかが?

インフルエンサー:インフルエンサーの方は、企業からオファーがないといけません。でも、選ぶのは企業側です。そこで、選ばれるために、自分の得意分野で良いものやコアな商品を探してアピールすればどうでしょうか?本来と全く違う使い方をして、話題になるユーチューバーの方もいます。どの企業にもライバルがおり、同じように商品には、同じ代替商品があります
例えば、話題になっていても、まだ、知らない代替商品を見つけ、それに別な使い方や、効果など、企業が喜ぶ価値を発見し、それを企業に売り込めば良いのです。知らない価値を与えてくれれば、その人に企業はお礼を感じるでしょう。真似しようと思っても、すでにあなた(インフルエンサー)がやっていれば、真似はできません。メディアが先に知れば、あなたは有名にもなれるのです(損して得取れ)

1日20個しか売れなくて10個見つければ年間7億2000万

先程のように、売れている商品はなんとなくですがわかります。つまりライバルも多いです。そこで地味にすごい商品を探すことが必要です。地味にすごい商品といっても、Amazonで売れているの商品ですので、マイナーに売れている商品でもすごいのです
例えば、1日20個売れている商品を見つけるとすると

アマゾンデータ

こうなるわけです。これってすごいと思いませんか?
こういうおもしろさを、皆さんは知りません。館長は、WAKUWAKUします
ですが、これを利用して、もっと調べたいと思うのです。多くの人は、自分だけ儲けようとして?か良い情報は他人には教えません。それはそれで良いのですが、自分よりも得意分野を持っている人がいたら、その人と共感できるのであれば、一緒にすれば良いのです(コラボ)
そうでなくても、強みをもつ、多くの専門分野の人とコラボすればいろんな事がわかります

こうなれば、セラー(販売者)の場合は「うちの会社にあった商品を探して仕入れよう」「お客様が求めている商品を探そう」「売れ筋データを知って、新しい商品開発」ってなりませんか?
また、テレビ局、メディアは、「なにこれ!まだ、どこも扱ってない商品・会社だ!取材だ!」ってなりませんか?
アフィリエイター、ユーチューバー、インフルエンサーは、「なにこれ!まだ、どこも扱ってない商品。使ってみよう、紹介してみようってなりませんか」
一回やってみて、それを館長にフィードバックしませんか?

館長はアイデアマンなので、振ってくれたら面白いネタいろいろ考えます。館長の提供するネタ・アイデアによって同じ情報でもまた違った目線できます

当サイトを読むことによって他所と違うことを感じ、何かを得てもらえたらと思っております(ブルーオーシャンになれる?)

こんなデータがこういう風に知ることができる

  • でも実際、何個売れているのか?売上はどのくらいあるのかわかりません
  • 10000個以上売れている商品がわかっても、数値化されていなければ、顧客に響きません

 

  • その業種・カテゴリは何?←わかればすごくないですか。10000個売れているカテゴリは健康関連が多いです
  • また、レアものである商品は?←一時期はヨガマットが売れていました。知らない人が多くてびっくりしました。また髪のくしも売れていました。コチラは転売するのに儲かった人が多かったと思います

 

  • ここ1~2ヶ月で急に売れた商品は?←新商品が多いですが、そうでなくても売れたのがあります。最近ではコロナ禍の影響で、マスクなどです。ちなみ、セラーの方は知っているでしょうかが、マスク詐欺でも話題になりました。あれは、便乗商品に載った人が一儲けしようと目論んだが失敗したのではないかと思っております。したがって、最初のセラーと後のセラーは違う人ではないかと推測します
  • 月に6000個。1日200個売れている商品は?←これがあったら誰が知らない商品になります。セラーもアフィリエイターもYouTuberも先行性の法則によって勝ちになるのは間違いないでしょう

これらのことは、なかなか知ることはできません



商品紹介のSEO効果

アフィリエイター&インフルエンサーを例にしますが、これは、SEO効果。自分のサイトに商品をアフィリエイトするときに、今後は数字を用いて明確にしてみてはいかがでしょうか?
破線のように使い方や、機能のトレンドブログを書くだけでも違うと思います(楽天で優秀なアフィリエイト活用法として紹介されている方のサイトはイヤホンの比較サイトです)

専門店

「この商品3月はこれだけ売れています」

「話題になったあの商品はこれだけ売れていました~」

キャッチーなコピーにのせて、ブログやサイトを作ることで、あなたのアフィリエイトに活かしてください

まとめ

 

Amazonデータメルマガ登録!

いかがだったでしょうか?

当サイトは、Amazonでの売れ筋データをご紹介しております

セラー、アフィリエイター:他のアフィリエイターと差別化したい

まとめブログ:広告主を見つけたい(サイトに合う売れ筋商品を見つければ、その商品を売っているショップにアプローチできる)

企業の方:ECショップを始めたい(Amazonや楽天を活用したい)がどのくらい売れているのかが知りたい

テレビ局:ネットで売れている商品を知りたい

ユーチューバー:話のネタを探したい。広告主を見つけたい(サイトに合う売れ筋商品を見つければ、その商品を売っているショップにアプローチできる)

インフルエンサー:コアな商品を探したい。広告主を見つけたい(サイトに合う売れ筋商品を見つければ、その商品を売っているショップにアプローチできる)

有償ですが個別データも提供いたします。コアな商品。セラーが少ない商品。1日200個から500個売れている商品などなど

当サイトをご紹介してくれる方(メディア・SNS・ブログ・サイト問わず)には、メルマガとは全く別な情報を無償でお伝えします

ご紹介してくれる方

ご紹介してくれる方はこちらから

ご自分のサイトやTwitterやFACEBOOKでご紹介してくれる方は、ご連絡ください

全く別な情報をお教えします

ライター&校正募集

当方では、アマゾンの記事を書いてもらいたいのとより良い記事をお届けしたいのでライターを募集&校正募集です

アマゾンの商品説明を読んで、記事を書ける人

また、アマゾンの商品で体験している人

どんどんご連絡ください こちら

個別相談

 

テレビ局、メディア

ご質問・ご相談されたい方はこちらから
広告


ユーチューバー、インフルエンサー

コラボしましょう(まずは当サイトをご紹介してください)詳しく知りたい方はこちらから

セラーの方

更に詳しく知りたい方はこちらから

セラーの方は、メルマガ登録すると業種別のデータを送ります
また、中国のサイトも調べてお伝えすることができます(有料)

アフィリエイターの方

アフィリエイターの方には、公表前のデータを取得してもらって、誰よりも早くアフィリエイトしてもらえればと思います

コラボしましょう(まずは当サイトをご紹介してください)詳しいことが知りたいアフィリエイターの方はこちらから

ネットショップを始めたい中小零細企業の方

最近amazonが、中小零細企業企業に向けて、Amazonからの販売をオススメするCMを流しているのをご存知でしょうか?
飲食を含め、BtoCを考えているのであれば、ネット利用での販路先は考えたほうが良いと思います

ライバルが上から何番目かなのかがわかります。販促やSEOなどの対策を打つことができます(企業は絶対必要)

  • ここ1~2ヶ月で急に売れた商品は?
  • 月に6000個。1日200個売れている商品は?

ライバルがこっそり売っている商品を知ることによって差別化が出来るのです

更に詳しく知りたい方はこちらから

 

Copyright© Amazon売れ筋ご紹介サイト!アマ売れ , 2020 All Rights Reserved.

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies.このサイトではcookieを使用しており使用に同意するものとします more information 詳細

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.このウェブサイトのCookie設定は、可能な限り最高のブラウジング体験を提供するために「Cookieを許可する」に設定されています。 Cookieの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き使用する場合、または下の[同意する]をクリックすると、これに同意したことになります。 プライバシーについて知りたい場合は、URLを確認してください。

Close